ノラの死に初めて遭遇


※思ったこと、見たことをそのまま書いてます。凄惨な表現が少しでも苦手な方は読まないで下さい。(割と長文です)








悲しい。ただただ悲しい。


轢死ってやつだ。


母に言わせりゃ、昔は割りと多かったとか。







バイクで移動中、車が2台横に並んで走れるぐらいの道でよくある住宅街。


そのど真ん中に横たわっているのが見えた。


(あんな道のど真ん中でふてぶてしく寝るかねw)


と最初は思ったが。


(・・・! ぃゃ、違う。何かおかしい)


すぐに変だと気付き横を通過して、一目瞭然だった。


真っ赤な血が流れ、不愉快な虫が彷徨い、ぴくりとも動かない。


ぅゎ。。。マジか。。。そんな。。。。。


午後の時間指定の書留のあるお宅に移動中だったので先に済まし同じ道へ引き返した。


パッと見ですぐに猫だとはわかるほどふさふさの毛並み。


子猫ではないようだが、どうしてこんな。。。


轢いた奴は気付かなかったのか。急に飛び出してきたのか。ど真ん中で寝てて気付かれず轢かれたか。轢いたことに気付いてもそのまま行ってしまったのか。猫轢いてまったく気付かないなんてあるのかよ。道のど真ん中だぜ?家の前だぜ?誰がどうすんだよ。このままかよ。可哀想だろうが。かわいそうだろうが・・・・・!!


頭の中ではぐるぐる考える。


でも俺には何もできない。


どうする?警察?いやいや。こういうのってお役所がしぶしぶ片付けるんだっけ。悲しいなぁ。俺仕事中だし。俺が轢いたわけじゃないし。でも悲しいなぁ。どうして誰もいないんだよ。どうしてこんな場面に遭遇して何もしてやれないんだろう。


でも、ここで出会ってしまったこと、見てしまったことは無駄にしたくない。


遺体をよく見てみた。


肩から首にかけて大きくめり込んだ跡がある。


おそらく即死だろう・・・。顔は・・・・・・――!


眼球が押し出されるように飛び出ているようだった。


とっさに顔をそむけた。


もう見れなかった。


どうしてこんなむごい最期をとげなければいけなかったのだろう。




確かにバイクで走ってて何度かノラが急に飛び出してきて危ないな、と思うときはあった。


しかし、実際に轢いてしまったが最後、こうなってしまうのだ。と改めて思い知らされた。




よく交通事故だけは気をつけろと言われる。


いつか、自分が轢かれるかもしれない、自分が誰かを轢いてしまうかもしれない。


道路を走っている以上、誰にでもそのリスクはある。


先週なんか、赤信号を無視したバキュームカーが突っ込んできて郵便バイクと正面衝突なんて恐ろしい事故もあったらしい。




どんなに気をつけても、交通マナーを守っていても、そんなの知らんとばかりに子供や自転車は思いもよらぬところから急に出てくる。猫だって例外ではない。


どんなにヒヤリとすることはあっても死んじゃダメだ。自分も。相手も。


その瞬間すべて終わっちゃうんだから。


たとえ事故でもなんでも生きてりゃいいと思う。


そこには老人・子供、人だ猫だと関係ない。


人間なんだから誰だっていつかミスをする。


でもミスった時に、悪い偶然が重なった時に、結果誰も死ななけりゃそれでいいと思う。


以前、映画について書いたことにも繋がるのだが、どんな脇役でもモブキャラでも死んで欲しくないと思うのはそういうことだ。


虫もそう。


勝手に郵便物の隙間に飛び込んで潰れてる、顔や口に飛び込んで死にに来る。


ふざけんな、ですよ。


どんな生き物にもそいつなりの生涯があるんだよ。


ドラクエじゃないけど。


いのちだいじに、してくれよ。


生きてりゃ、いいこと悪いこと、いっぱいあるんだから。


死ぬなら老衰でいいじゃない。不老不死なんてないんだからさ。





気をつけよう。


気をつけよう。








こんな記事読んでくれる人いるのかな?w


ここまで読んでくれたなら、ありがとう。


これが僕の考えだ。



関連記事
スポンサーサイト
[2014/05/30 23:57] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<薔薇色のブー子 | ホーム | 大鳳キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://suiran708.blog.fc2.com/tb.php/179-48a8b34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |